私の恥ずかしい過去を語っています

サイト管理人

はじめまして、サイト管理人です。年齢は35歳。既婚。
2005年の9月に結婚をして、2006年の10月に初めての子供が
産まれました。いままでに無い幸せをかみ締めています。

ちなみに妻とは結婚相談所で知り合いました。
なぜか結婚相談所は2社目です^^;

そう・・・初めて入会した結婚相談所が
自分に合っていなくて大ハズレだったんですね。

「結婚相手を見つけることが出来なかった」

ハッキリ言って、結婚相談所は「満足」か「不満足」の
どちらかしかありません。

結婚相手を見つけるために入会したのに、見つけることが
出来なかった時点で満足することはムリです。
そのときは言われるまでも無くこう思いました。

「結婚相談所には二度と入らねぇ!!」

なぜ、ワタシが結婚相談所に入会したのか?

初めて結婚相談所に入会したのが30歳になったときですね。
そのとき初めて結婚というモノを意識するようになりました。

しかし・・・

言い訳っぽくて申し訳ないですが、月に一度や二度しか
休みの無いうえにオトコばかりの工場勤務では
新しい出会いのチャンスというモノは、
なかなかめぐってこない。

20代のときは合コンなどが頻繁に開催されていたので、
出会いの場に困ることは無かったのですが、
30歳を超えてくる頃には、合コンの誘いも全く無くなりました。

なぜならば周りの友人たちもほとんど結婚してしまっていて、
合コン自体が開けなくなったからです。

いままで遊んでいた友人も結婚をしていると思うと、
何か遠慮して遊びには誘えなくなり、
会社でだいぶ年下の後輩などを遊びに誘うも
向こうは社交辞令の付き合いなだけ疲れるだけ。

仕方なく休みの日はいままですることも無かった
テレビゲームやスポーツジムに通って一人で時間を潰す。
夜遅くまで起きていると寂しい気持ちになるので早めに寝る。

あまりの寂しさから飲み屋のオネーサンを
くどくためにキャバクラなどに通ったりもしたが、
とてもじゃないがお金が持ちません。

そこで目にしたものが結婚相談所でした・・・。

何も考えずに入会して大失敗!!

そのときは何も考えずに入会しました。
どこを選べばよいのか全くわからなかったし、
どこでも同じようなモノだろうと考えていたからです。
なによりも焦っていました。

スーパーや本屋に置いてあるモノがどこでも
似たようなモノといった感覚ですね。
資料などにもほとんど目を通さずにカンタンに決めました。
値段は二年で40万円ほどです。

正直、高いかな〜と思い、値段だけは調べたのですが、
これはどこでもある程度、似たようなモノでした。
中にはビックリするぐらい低価格設定なところもあったのですが、
逆に怖くて避けてしまいました(^^;

(※後から調べたら全然まともだったんですけどね)

何よりも30歳の独身男性にとっては、
月単位で二万円を切っているぐらいならば
安いぐらいだと思ったぐらいです。

合コン、飲み会などに2回ぐらい行くだけで
カンタンに2万円ぐらい飛びますからね。。。

女性の場合だともっとかかるのでは無いでしょうか?

合コンで男性のほうがお金を多めに出す
イメージばかりが強いのですが、
女性はお化粧、髪形のセット、カバンといった
男性には無い部分のオシャレが必要となってきます。

だから実際には女性のほうが、
はるかにお金がかかっていたりするんですよね(^^;

とまぁ、合コンの話ばかりしていると、
合コンマニアだと思われそうなので、
このへんにしておきますが、結果、最初に入会した
トコロは失敗に終わりました。
結婚相手を見つけることが出来ませんでした。

なんでまた結婚相談所に入会したのか?

結婚相談所には二度と入らないと誓っていたとおり、
その後は一切見向きもしませんでした。
その後、21歳とまだ若い彼女も出来たのですが、
結婚はイヤと言われて別れることになりました。

気がついたらもう年齢は34歳・・・

毎日、家に帰るのがイヤでたまらない。
電気もついていない家に帰り、
自分でフロを沸かして、自分でご飯を作って、
一人寂しい空間だからとお笑い番組を見て気分をごまかす。

休みの日には、たまっている洗濯物を一気に済ませて、
スーパー、コンビニに食料を買出しに行く。

「結婚したいなぁ・・・」

心からそう思っていました。

そんなある日、自分よりも10も年上の上司が
結婚することになりました。正直、みんなビックリです。
その人は仕事命で恋愛とは無縁だと思っていたからですね。

その上司であるM先輩は、
自分と一緒でお互い独身ということもあり、
どこかウマが合う部分もあったので月に一度ぐらいの
ペースで飲みに行っていたのですが、
そんな話も全く出なかったからです。

自分勝手な話なのですが、
そのときはものすごく裏切られた気持ちに
なったモノです。

「なんだ、恋人が居ないようで、影でコソっと作っていたんだ」

かっこ悪いことに完全なヒガミなんですけどね。
結婚すると聞かされた後、
数日後、M先輩に飲みに誘われました。

その時の会話です。

「それにしても先輩、いつの間にか恋人作っていたんですね〜」

M「ワハハ、まぁな」

「彼女さんとは何がキッカケで知り合ったんですか?」

M「う〜ん、なんて言えばええんやろう。紹介やな」

「ああ、友人からの紹介ですか?」

M「いや、違う」

「じゃあ、親御さんですか?お見合い結婚ですか?」

M「まぁそんなとこやわ。似たようなモンやな」

「・・・ひょっとして結婚相談所とかですか?」

M「・・・・・」

質問の答えが帰ってこない。どうもズボシだったらしい。
それで全てがわかりました。

結婚相談所で知り合ったということは、
なかなか周りには話しづらいですからね。

けど、M先輩は基本的にウソがつけないタイプのとてもいい人。
酒に酔っている状態だと、すぐ顔に出る(苦笑)

そこで僕は詳しい話を聞くために自分が結婚相談所で
失敗したときの話を自分からしてみると・・・。

M「何?オマエも入ったことがあるのか?」

「はい、ナイショにしておいて下さいよ(苦笑)」

M「それはコッチもやわ(笑)」

「けど、結婚相談所で本当に結婚できる人が身近なとこに居たとは」

M「アホ、オマエはちゃんとプランとか調べてないからやわ」

「どこでも似たようなモンじゃないんですか?」

M「ドアホ!全く違うで!若い子が多いところ、大卒が多いトコロ、
再婚希望者が多いところ、そしてオレみたいに中高年のプランがある
ところとか場所によって全然変わってくる」

「本当ですか?」

M「ホンマや!だからちゃんと調べて入会したら結婚相手が見つかる
可能性はグっと強まるで」

「へ〜、スゴイですね」

M「・・・とか言いながら、実はオレも●●部のS君から色々と
教えて貰ったんやけどな^^」

「えっ!?Sさんの奥さんメチャクチャ綺麗じゃないですか!
あの奥さん、結婚相談所で知り合ったんですか?」

M「そう、オレもそれで入ったみたいなモンやから。あ!オマエこれ
オレが言ったってナイショやぞ!」

「ワハハ、言いませんよ」

ここで僕の中で結婚相談所への魅力が再燃してきました。
なにせSさんの奥さんはホント評判になるぐらい
綺麗な方だったからです。

「あの・・・僕が入会するんだったらどういうトコロが良いでしょうか?」

M「なんや、入会したいの?」

「入会したいというよりも、結婚したいです(笑)」

M「ワハハ!じゃあ、こういう人には、ここの結婚相談所がオススメって
いうのをいくつか教えたるけど、自分でも資料を取り寄せてしっかりと
自分の目で調べることも忘れずにやるんやぞ!」

「わかりました!ぜひお願いします」

ということで、
M先輩のアドバイスと自分の目を参考に調べて
ワタシはある結婚相談所に入会しました。

そして無事、結婚相手を見つけることが出来て
現在にいたります。

家に帰ってきて、待っている人がいるというのが
こんなにも幸せだとは思わなかったですね。

独身時代のワタシと同じ苦しみを持っている方にとって、
このサイトが少しでも参考になると幸いです・・・。

当サイトでもっともアクセスの多い人気の記事BEST3
1位: 無料でOK! 結婚チャンステスト
2位: パートナーエージェントへ取材に行きました!
3位: 人気の結婚相談所ランキング

関連エントリー

 
Copyright © 2010 結婚したい!結婚相談所ってどうなの?. All rights reserved